クリニック設計

患者様が安心して来院できるクリニックへ

医療機関の実績豊富な設計事務所に依頼

クリニックを開業するときには、設計に配慮しなければなりません。そのため、クリニック設計は、通常、専門の設計事務所に依頼することになります。と言っても、いったいどこの設計事務所に頼んだら良いのかがわからないこともあると思います。設計事務所というのはたくさんありますが、それぞれの事務所で得意分野があります。

いくら個人宅の実績が豊富な設計事務所でも、医院の設計が得意とは限りません。医療機関の設計で考慮すべき点は、住宅などとは全く違ってきます。医療機関の設計には、専門的な知識も必要になってきます。クリニック設計を依頼する設計事務所を選ぶときには、医療機関の設計実績が豊富な事務所を選ぶことが何より大切と言ってもいいでしょう。クリニック設計を依頼する事務所は、ホームページで実績をチェックしたり、医院開業のコンサルタントに紹介してもらったりして選ぶと良いでしょう。

待合室やトイレ、受付カウンターも重要

クリニック設計では、診察室や処置室のほか、待合室のレイアウトなども重要になります。待合室は患者様がリラックスできるよう、ゆったりとしたスペースを確保しておくのが理想です。また、待合室の入口は、車いすが通れる幅がなければなりません。

なお、入口が広くなってしまうと、出入りの際に室温が上がったり下がったりしてしまうという問題が発生してしまいます。このため、入口においては、風除室を作ったりついたてを設けたりするなどの工夫が必要になります。また、クリニック設計では、トイレについてもしっかり検討しなければなりません。清潔感が感じられることはもちろんですが、温水洗浄便座を設置するなどの配慮も必要です。車いすでも利用しやすいようにしておくとさらに安心でしょう。

その他にも、クリニックの顔とも言える受付カウンターも、患者さんが安心できる高さにするなど、細かな配慮をしておくと良いでしょう。

高級注文住宅 建築設計デザイン事務所 参會堂 » クリニック設計

http://sankaido.com/clinic/