クリニックの開業について

クリニックをオープンするまでの流れ

クリニックのコンセプトを明確に

医院を開業するときには、まず、どのようなコンセプトのクリニックにするのかを検討する必要があります。どのような規模で、どのような診療を行うのか、どのような機械を導入するのかといったことは最初に十分検討しておくべきです。

専門性をアピールする方向でいくのか、それとも間口を広く構えて幅広い患者様を取り込むのかなど、クリニックのコンセプトを明確にしておくとスムーズです。次に、どこにクリニックを開業するのかという場所を決めることになります。場所を選定するときには、周辺を調査し、競合するクリニックがないかどうかを調べます。

患者様のアクセスが便利かどうかも重要です。適切な場所を選定できるかどうかでクリニックの成否が変わってきます。さらに、資金繰りを考える必要があります。借入により資金を調達する場合には、専門家に相談しながらしっかりとした資金計画を立てておくと融資が受けやすくなります。

クリニック開業ならメディット

http://www.medit.jp/direction/flow/

実績豊富なプロに設計を依頼

クリニックの場所が決まり、資金の目途がついたなら、クリニック設計をどこに依頼するかを決めなければなりません。設計事務所はたくさんありますが、クリニック設計の経験がないところもあります。クリニック設計においては、提供される医療に応じた独特な配慮が必要になりますから、クリニック設計の実績豊富な設計事務所に依頼するのがおすすめです。

信頼できる建築士を見つけられるかどうかで、理想のクリニックが実現するかどうかが決まります。クリニック開業時には、医療機器の選定も行わなければなりません。医療機器の見積りは、適正なのかどうかがわかりにくくなっています。必要な医療機器をできるだけ低コストで導入するためには、コンサルタントに相談するという方法もあります。

なお、医院開業時には、自治体への届出等が必要になります。スムーズに手続きを進めるために、適宜事前相談することも忘れてはならないでしょう。